FC2ブログ

売れないものが売れるようになるまで

PIJ-INC

-
長らくのご無沙汰でございました。

何かと野暮用がございまして。

久しぶりにアイロンプレスをしましたが、洗った後の物なので非常に手間がかかる。

汗堅牢度を向上させるために洗ったわけですが、弱洗いをした割にはしわくちゃ。

おまけに、裏地の素材がレーヨン100%だもんだから湿潤した後の弱乾燥で繊維がフィブリル化していてアイロンを入れると白化してしまうので一苦労です。

そして、膨潤した後の緩和収縮を起こしているので三つ巻きの部分は、表と裏が反対方向に縮むので生地を絞ったような状態になっている。

生地の端を左手で持ち上げて引っ張りながらアイロンで押さえこんで行きます。

本来ならレーヨンに対してはスチームを使わないのですが、ここまで捻じれているとこうするしかない。

再生セルロース繊維は親水性に優れていることから水によっておきた繊維の捻じれは同じ水(スチーム)で戻さなければならないのです。

こうして、なんとか製品の状態まで形成していきます。

続いては、洗いのモミとタタキによっておこった縫い代のパンク。

この生地は、糸密度が粗でそもそも生地滑脱強度に欠ける性質があり、濡れたことによって薄くとった縫い代端が生地から繊維にばらけて縫い目滑脱を起こしています。

それによって、縫い目のパンクが起こるのですが、1センチほどの幅のゴムシャーリング部分に多く起こっています。

一度縫い目を解いて裏返しにしてまたギリギリのところで接ぎ合さなければいけません。

直しをしなくてもいいところと自然につながっていなければならないので、実質パンクしている長さより少し多めに解いて直した部分がやせてしまうのがわからないように縫い合わせて行きます。

お客様のご要望によってはカバーファクターが小さい部分に滑脱テープを貼る事もあるかもしれませんな。

更に機械的作用を受けたことにより外れてしまう、表地と裏地をつないでいるチェーンループ。

手バリでシルコートを継ぎ足して身頃や裏地の縫い代の隠れた部分に縫い付けて玉止めして何事もなかったかのように元通りにしていきます。

こうして、堅牢度不足で販売できなかったものが晴れて店頭に送り出されるのです。

手塩にかけた愛娘を嫁に出すようなもんだ!
関連記事