FC2ブログ

朝令昼改?

PIJ-INC

-
こんばんは!

今日の作業は、OP、BLのプレス、検針が3240、検針のみが、CSで3500、タタミ、下げ札付けがCSで900、汚れ落としがOP、100、縫製修理がOP、60、進行してきました。

作業を始めた時に、最初のペースが当たり前のようになって、全員が同じペースに引きずり込まれてしまう事がありますが、本当はもっと早い方法があるんじゃないかと言う事を常に念頭に置いて進めて行くのとそうでないのとは、3時間4時間たった時に大きな差が出てきてしまいます。

これは、人数が多くなればなるほど多大な損失を生む事になります。

例え朝に、こういう風にやっていこうと決めたとしても常に臨機応変に対応できる柔軟さが要求されます。

目標とする時間に上がらなそうな時は、たいてい作業の仕方そのものに何か弊害があるか、もしくは作業手順が間違ってる事がほとんどです。

現場の責任者は、自分の仕事をしながら現場全体を冷静に観察する事が最優先事項となります。

必要とあらば、朝指示した事でも昼前には軌道修正するべきです。

この時代、「朝令暮改」ならぬ「朝令昼改」ぐらいの早い判断でちょうどいいんです。



X線検査・検針・検品・衣料品補修・アイロンプレス・流通加工
アパレル関連のお仕事なら都内に位置して便利なPIJにお任せください



関連記事