FC2ブログ

やってみせ、いって聞かせて、させてみて・・・

PIJ-INC

-
こんばんは!

今日の作業は、プレスが衿回りの糊付けプレスが1560、ショートPTが800、BLが900、メンズJKが50、星止め1着3か所止めが80、サンプル縫製が3着、X線検針がポーチ1800、検針、下げ札確認が900、進行してきました。

毎回毎回、このブログには日々の作業を書いていますが、こう連日多岐にわたる作業をしていると、人それぞれ向き不向きみたいなものが出たりするのはしょうがないことかもしれません。

それでも、作業の種類によって人を差別してしまうと出来ない人はいつまでたっても出来ない、出来る人は何でもできる、と言った様にますます格差がついていってしまいます。

出来ない作業だからこそ、どんどん積極的に取り組んでいかなければ会社全体のレベルアップが望めないという事になってしまうんです。

そうならないために、責任者や先輩格の活躍が必要になりますが、この時に、教える側と教えられる側という優劣関係が出てきます。

しかし、その立場が逆であって後輩から教わらなければならない時もあるかもしれませんが、それがギクシャクとした事になっても、お客様はそんな事は関係なく、結果しか求めてません。

いずれにしても、教える側は、教えた事がその通りに進行しているかを最後まで見届ける義務があるんです。

山本五十六 曰く

「やってみせ、いって聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ」



X線検査・検針・検品・衣料品補修・アイロンプレス・流通加工
アパレル関連のお仕事なら都内に位置して便利なPIJにお任せください



関連記事